アニサキス|大島駅前クリニック

インターネット予約はこちら
アニサキス|大島駅前クリニック

ANISAKIS

アニサキス

胃アニキサス症(急な胃痛)

アニキサスは直ぐに当院へ

(土曜、日曜も治療可能です。)

アニサキスだと思ったらすぐに当院へ!

当院では予約限定でアニサキスの方に即日胃カメラ検査に対応しております。

※インターネット予約かお電話にてお問い合わせください。

※即日胃カメラ検査は検査前7時間食事を摂っていない方限定とさせていただきます。

インターネット予約はこちら

こんな症状はありませんか?

みぞおちにつよい痛みを感じる

嘔吐してしまう

ひどい吐き気を感じる

お腹に張りを感じる

おならや便が出ない

もし、魚介類を食べた数時間後に上記の症状が当てはまる方は、アニサキス症を発症している可能性があります。アニサキスは基本的に人間の体内では生息できないため、通常は数日ほどで症状は治まります。しかし、稀に合併症を引き起こし重症化する可能性がありますので、早急にご来院されることをおすすめします。

アニサキスとは

魚やイカなどにいる寄生虫です。内臓表面に寄生していることが多いのですが、筋肉に寄生していることもあります。特にサケの場合、腹部の筋肉によく見られます。体長2㎝程度で、肉眼でも糸クズのような姿が確認できます。サバ・サンマ・イワシ・アジなどの青魚、タイ・ヒラメなどの白身魚、サケ(サーモン)、イカなど幅広い魚介類に寄生します。 アニサキスに寄生された魚やイカを刺身や加熱が十分ではない状態で食べると、アニサキスが生きたまま人間の胃の中に入ってきます。アニサキスが胃壁などに入り込むと、激しい腹痛などの症状を起こします。人間はアニサキスの宿主にはなれないため、アニサキスは数日から1週間程度で死滅します。 胃に症状を起こす胃アニサキス症、小腸で症状を起こす腸アニサキス症があり、ほかに消化管外に出て肉芽腫を作るもの、アニサキスアレルギーがあります。

アニサキスが原因となる疾患

胃アニサキス症

アニサキスが身体の一部を胃壁に差し込んで発症します。一般的によく知られたアニサキス症です。突然、激しい胃の痛みが起こります。痛みが治まってはぶり返し、吐き気や嘔吐をともなうこともあります。寄生された魚介類を食べてから8時間ほど経過してから症状が起こることがあります。痛みはアレルギーによって起こっているとされています。アニサキスが生存できるのは1週間程度で、いずれ症状は治まりますが、内視鏡によって簡単に除去できます。

腸アニサキス症

腸アニサキス症は生魚の食事後、半日~数日後に下腹部への痛みや胃アニサキス症と同様に嘔吐や吐き気に襲われます。症状が悪化した場合、腸がむくんでしまう腸閉塞や腸壁に穴が空いてしまう腸穿孔・腹膜炎などの合併症を引き起こす事もあります。

消化管外アニサキス症

消化管外アニサキス症は稀にアニサキスが消化管を突き破り、別の部位へと寄生することで発症します。寄生した部位の疾患に対応する適切な処置を行う必要があるため、早急に検査をすることが必要です。

アニサキスアレルギー

最近、アニサキス症とアレルギー反応に関連があることがわかっています。アニサキスに感染することで全身に蕁麻疹の症状を伴うことや、アナフィラキシー・ショックを起こし、血圧の低下や呼吸困難に陥いることがあります。この場合、アニサキス自体が抗原となるため、加熱処理などの有無にかかわらず、発症してしまうといわれています。

アニサキスの検査方法

内視鏡検査

胃カメラ検査・大腸カメラ検査により胃・腸内にアニサキスの有無を直接確認したします。アニサキス症では胃アニサキス症が約99%以上・腸アニサキス症は約1%以下といわれています。当院では患者さんの身体への負担を軽減すべく眠った状態での胃カメラ検査や大腸カメラ検査を行っています。

血清検査

抗アニサキス体といわれる免疫反応に対する検査を行います。腸などに感染している場合に診断の補助材料として行います。

エコー検査

食後間もない状態で胃カメラの使用が難しい場合や症状が腸に発症しているなど内視鏡検査での確認が難しい場合に腹部エコー検査を行います。

アニサキス治療方法

胃アニサキス症

胃アニサキス症では内視鏡検査の際にアニサキスを鉗子を用いて除去します。当院では胃カメラを鼻から入れる経鼻内視鏡検査や局所的に鎮静剤を用いた胃カメラ検査を行うことで、患者さんの負担を軽減しています。検査にかかる時間も通常5~10分ほどですので、お気軽にご相談ください。

アニサキスアレルギー

重症化した場合にはステロイド剤・軽症である場合は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用します。

腸アニサキス症

腸アニサキス症では内服薬を用いた、対症療法を行い症状の緩和を行います。

消化管外アニサキス症

寄生部位によって治療方法が異なるため、激しい腹痛など異常を感じた際に、早急に検査を受けることが重要です。

アニサキス治療方法

●アニサキスの宿主となる魚介類を食べないことが最も確実な予防方法です

●生魚を購入した際には速やかに内臓を取り除き、目視にてアニサキスが除去できているかを確認してください

●魚の内臓を生食するのは、大変危険ですのでおやめください。

●アニサキスは70℃以上または60℃以上で1分間の加熱処理をすることで死滅します。

●アニサキスは-20℃以下で24時間以上の冷凍処理をすることで死滅します。

当院は土曜、日曜も即日胃カメラ検査可能です

当院では即日胃カメラ検査に対応しております。

上記のアニサキス症の特徴に心当たりのある方はインターネット予約かお電話にてお申し込みください。

原則として、検査前の7時間はお食事をお控えください。

ページトップへ
〒136-0072
東京都江東区大島 5-10-10
セントラルプラザ大島 1F

徒歩ルート

江東区大島にあり、都営新宿線大島駅が最寄りの内科・胃腸内科・消化器内科・内視鏡内科で、内視鏡検査、潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)専門外来、日曜診療も行っている、大島駅前クリニックの公式サイトです。

インターネット予約はこちら
お問い合わせはこちら
Copyright(c)大島駅前クリニック. All Rights Reserved.