内科・循環器内科|大島駅前クリニック

CLINICS
メールフォーム
内科・循環器内科|大島駅前クリニック

INTERNAL MEDICINE

内 科

患者様の声に十分耳を傾け、よりわかりやすい病状説明をモットーに親しみのある地域密着型医療を目指しています。
理論的でわかりやすい説明と、正確で迅速な診断・治療を心掛けてまいります。
なお、当院ではオンライン通院システムを採用し、患者様の通院負担を減らすことができる遠隔診療も行っております。
お気軽にご相談ください。

内 科

風邪などの疾患から専門的な診療まで何でもご相談ください。
内科的疾患は様々な自覚症状で始まりますが、重大な病気の前兆であることもしばしばあります。
ちょっと調子が悪いな・・・という場合にも、お気軽にご相談ください。
日本内科学会総合内科認定医が診療いたします。

内科全般

●生活習慣病(糖尿病/高血圧/高脂血症/高尿酸血症など)

●胃腸・肝臓・胆のう・膵臓などの消化器系疾患全般

●風邪、インフルエンザ、肺炎、ぜんそく

など、内科全般の一次診療を行います。

生活習慣病について

具体的には、高血圧・糖尿病・脂質異常症など、以前、成人病と呼ばれていた主に中年期以降に発症するありふれた疾患群です。
それぞれ単独でも恐ろしい病気ですが、高血圧、糖尿病、脂質異常症に肥満が加わると「死の四重奏」と呼ばれ、命に関わる危険が増します。
初期では症状の伴わない病気が多く、早めの受診が大切です。

各種検査

抗原・抗体検査

風疹、梅毒、クラミジア、HIV、ウイルス性肝炎(B、C型)の検査を実施しています。

アレルギー検査

花粉症、口腔アレルギー症候群の検査を実施しています。

ワクチン接種

インフルエンザ、肺炎球菌、A型・B型肝炎、麻疹風疹、おたふく風邪などの予防接種を実施しています。

※事前にご予約をお願いします。

江東区の健康診査(区検診)

当院では、江東区の健康診査を行っています。
健康診査は、生活習慣病の早期発見・予防に主眼をおいた健診です。生活習慣を改善し、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の解消に努めることで、より効果的に生活習慣病を予防することができます。
健康診査票をご用意の上、ご予約ください。

メールフォーム

CARDIOVASCULAR MEDICINE

循環器内科

心筋梗塞、狭心症、不整脈、心臓弁膜症、先天性心疾患、大動脈瘤などの循環器疾患(心臓や血管の病気)および高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などの生活習慣病でお悩みの方はご来院ください。

循環器内科

1日完結型の外来をめざします。
胸部レントゲン、心電図、心エコー、24時間(ホルター)心電図、循環器に特化したものも含めた各種血液検査などの検査器具を導入しました。 そのため当院ではその日に行った検査結果を知ることができ、その結果をその日の処方に活かすという言わば1日完結型の外来をめざしています。 検査結果を説明するために再度来ていただくことはできるだけ避けたいと考えています。 特殊な検査を除けば当日結果の出ない検査はありません。

循環器系疾患について

1.高血圧症

“血圧”とは血液が血管内を流れる時に、血管の壁を押す圧力のことです。血圧が基準値より高い、またはそれが続く状態を高血圧症といいます。 高血圧症は自覚症状のない方がほとんどですが、脳卒中、心筋梗塞、腎臓病、大動脈瘤など、さまざまな合併症を引き起こす可能性があるので適切な治療が必要です。

2.狭心症

「狭心症」とは、心筋への酸素供給が不足し、突然の胸痛や胸部の圧迫感を引き起こす病気です。冠動脈とよばれる、心筋を栄養する血管のトラブルが原因です。発作の原因や起こり方、患者さんの病状や冠動脈病変の形態などによって治療方法が異なります。軽症の場合はお薬による治療で十分ですが、重要になってくるとカテーテルによる治療や手術などより高度な医療が必要となります。

3.不整脈

心臓は1分間に60~100回、1日に約10万回、血液を循環させるポンプとして規則正しく収縮しています。心臓の右上部分(洞結節)から脈が発生し、電線のような働きをしている刺激伝導系というシステムを通って左下方向に指令が伝わっていきます。この刺激伝導系が障害された状態を不整脈といいます。不整脈には放っておいても大丈夫なものや治療を必要とする危険なものがありますので、その見極めには専門医の診察、24時間ホルター心電図などの検査が必要です。

4.心臓弁膜症

心臓には右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋がありますが、これらの部屋には弁と呼ばれる扉がついています。この弁の開きが悪くなったり、閉まり具合が悪くなったりして、血液を循環させる心臓の働きに支障をきたす病態が心臓弁膜症です。従来、弁膜症は心臓外科において人工弁置換術や弁形成術といった手術が行われてきました。しかし近年、カテーテル技術を応用した弁膜症治療が急速に発展し、日本でも榊原記念病院をはじめとした一部の施設で行われています。どのような病状であればカテーテルによる弁膜症治療が可能なのか、あるいはカテーテル治療ではなく従来通り胸を開けて行う手術を選択した方がよいのかなどについては、極めて専門的な判断を必要とします。

5.心房中隔欠損症などの先天性心疾患

心房中隔欠損症とは生まれつき(先天性)の心臓病で、右心房と左心房の間の壁(中隔)に孔が空いている状態です。肺から戻ってきた酸素をたくさん含んだ動脈血が、左心房から右心房へ流れて(左右シャントといいます)、心臓と肺の間を空回りするため、通常より少ない動脈血で全身の機能を維持しなければなりません。成人まで自覚症状なく経過することが多いですが、そのまま年齢を重ねると心不全などの重篤な状態に発展することがあります。したがって、前述したシャント血流が多い場合には、孔を塞ぐ治療が必要です。以前は手術を行うしかありませんでしたが、最近は欠損の位置と大きさの条件がよければ、胸を切らずにカテーテルの手法を用いて、2枚組の傘で挟み込むアンプラツァー中隔閉鎖術が行われるようになりました。

6.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、文字通り睡眠時に無呼吸を起こす病気です。自覚症状として昼間に過度の眠気を生じるというだけでなく、これを放置しますと、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常の悪化、動脈硬化の進行をきたし、その結果脳卒中や狭心症、心筋梗塞といった重大な病気を引き起こすことがあります。中等症以上のSASを放置すると10年間の生存率が大幅に低下するとも言われています。恐ろしいことをお話しましたが、睡眠時無呼吸症候群はしっかり治療すると無呼吸がなくなり、怖い病気や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。当院ではまず自宅で可能な簡易検査を行い、必要な方には榊原記念病院などで1日入院精密検査を行います。治療として重症度に応じて口腔内装具(マウスピース)や持続陽圧呼吸(Continuous Positive Airway Pressure:CPAP)療法を行います。

7.糖尿病専門外来

糖尿病は、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンの働きが不十分となり血糖値が高くなる病気です。糖尿病の合併症としては、古典的な網膜症・腎症(じんしょう)神経障害だけでなく、脳梗塞・心筋梗塞などがありますので、これらを予防するために血糖はもちろんですが、血圧・コレステロールの管理も重要です。糖尿病は痛みなどの自覚症状がありませんが、のどの渇き、目のかすみ、頻尿、立ちくらみ、急激な体重減少、性欲低下、倦怠感、しびれなどの症状は糖尿病の可能性がありますので、ご相談ください。

8.禁煙外来

タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。当院では「ニコチン依存」を最小限に抑えるよう、禁煙補助薬として貼り薬やニコチンを含まない飲み薬を処方しつつ、医師が身体的・精神的にサポートし、禁煙できるように導きます。通常、服用期間は12週間です。健康保険等で禁煙治療を受けるための要件がありますので、詳しくは当院でご相談ください。

9.その他の生活習慣病

「生活習慣病」とは、以前は成人病とよばれていましたが、生活習慣が原因となって引き起こされる病気の総称です。具体的には脳血管障害、心臓病、糖尿病、高血圧、脂質異常症など多くの疾患が挙げられます。バランスの悪い食事、運動不足、喫煙などの生活習慣を改善していくことと適切な薬物治療が求められます。

病気の早期発見は、その後の治療における患者さんの負担の軽減につながります。日常生活を送る中で上記に心当たりがあるときは、お早めにご相談ください。

最新の超音波診断装置による超音波(エコー)検査

当院では、GEヘルスケア社製の最新式超音波診断装置(LOGIQ P6)での超音波検査を実施しております。
超音波を皮膚の表面にあて、体内の臓器や腫瘍などに当たって戻ってきた反射波を表在でとらえ、画像化したものが超音波検査です。
超音波検査では、体内の様子をリアルタイムに観察することができます。被曝もなく痛みもないため、妊娠中の胎児の診断にもよく使われるなど身体にやさしい検査ですので、日常の画像検査においては頻繁に行っています。

検査部位について

心臓、腹部の臓器(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・大血管、消化管等)、頚部(甲状腺、動脈硬化をみるための頚動脈等)など。

当院では、循環器専門医である院長が心臓を、心臓以外の領域は消化器内科・外科専門医が検査を行っております。
検査にかかる時間は、部位にもよりますが15~20分程度です。

メールフォーム
ページトップへ
〒136-0072
東京都江東区大島 5-10-10
セントラルプラザ大島 1F

江東区大島にあり、都営新宿線大島駅が最寄りの内科・循環器内科・超音波検査・内視鏡検査・アンチエイジング、木曜・土曜診療も行っている、大島駅前クリニックの公式サイトです。

CLINICS
Copyright(c)大島駅前クリニック. All Rights Reserved.