内視鏡検査|大島駅前クリニック

インターネット予約はこちら
内視鏡検査|大島駅前クリニック

CONTENTS INTRODUCTION

胃カメラ・大腸カメラ

最新式の内視鏡による、安全かつ苦しくない内視鏡検査

当院で行っている内視鏡検査の特徴

胃腸疾患に対して、専門医による苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査を提供します。
レーザー光源を使用した最新の内視鏡システムと医療用の高画質・高精細モニターによる詳細な観察で、癌やポリープなどの早期発見に努めます。
豊富な経験と高度な技術を持つ専門医の判断で、ポリープなど切除可能な病変に対しては、同日・日帰りでの切除が可能です。内視鏡検診にも対応し、病気の早期発見に努め、患者様の胃腸の健康を守ります。

1.内視鏡検査は全例、専門医が担当いたします。

大島駅前クリニックでは、消化器内科専門医が全ての検査手術を担当致します。精度の高い安全な検査をお約束致します。

2.徹底した衛生管理

ガイドラインに準拠し、内視鏡検査一件ごとに内視鏡洗浄機にて確実に消毒・洗浄をしております。

3.最新の内視鏡機器を使用しております。

・富士フイルムメディカル(株)
LASEREO 7000 システム一式。

・オリンパス(株)
LUCERA システム一式。

4.ピロリ菌の検査・除菌・二次除菌・三次除菌を行っております。

保険適用のない方も自費にてピロリ菌の検査・治療を行っております。御希望の方はお申し付け下さい。

5.胃と大腸内視鏡検査を同じ日に受けて頂くことができます。

平日の午前、午後、土曜日午後や日曜日午後も検査可能です。

インターネット予約はこちら

検査種別

大腸内視鏡検査

全大腸を観察する内視鏡検査です。

肛門から直径1.5cm程度のスコープを挿入し、画質の良いハイビジョンモニタで粘膜の小さな変化も観察できます。また、色素内視鏡を行なうことで早急に取るべきポリープか、あるいは経過観察が可能なポリープなのかを、即座に判断することができます。

胃内視鏡検査

下咽頭、食道、胃、十二指腸を観察する内視鏡検査です。

ヘリコバクターピロリがいるかどうか(潰瘍がある場合)組織を採取し、その日にチェックすることができます。 また、除菌を行う(薬を7日間内服)ことにより胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発、胃がんの発がんリスクを減少させることができます。「胃がムカムカする」や「胸やけ」といった症状の際にこちらの検査を受けていただきますが、同時に食道がん、胃がんその他のポリープなどの病気を発見することもできます。

大腸内視鏡検査の流れ

  • STEP.1
  • お問い合せ・ご予約

大腸内視鏡検査は検査前に1度受診していただきます。
まずはお電話にて、ご予約状況をご確認ください。

※診察の上、医師の判断によりお受けできない場合もございますのでご了承下さい。

  • STEP.2
  • 検査準備

現在大腸内視鏡の前処置の下剤は当日2Lの水にとかして2時間ですべてを飲む方法が主流です。下剤を飲むのがつらい方は、適切かつできるだけ楽な方法で準備して頂けるようご提案していますのでご相談ください。検査ご案内までリラックスしてお待ちください。

  • STEP.3
  • 検 査 (約10分)

患者様の希望により、鎮静剤、鎮痛剤を使用いたします。
体と心をリラックスした状態で検査することが可能です。

  • STEP.4
  • 検査後

回復室を設けております。
検査後の麻酔がさめるまでお休みいただき、ご帰宅できる状態になるまで、安全に経過観察します。

  • STEP.5
  • 結果説明

当日ご説明いたします。
内視鏡画像を見ながら検査医が検査結果を丁寧に解り易く説明します。(組織検査は後日結果説明となります)

※症状に応じては後日以降ご説明することもございます。

胃内視鏡検査の流れ

  • STEP.1
  • お問い合せ・ご予約

お食事を召し上がられてない場合、当日胃内視鏡検査ができる場合がございます。
まずはお電話にて、ご予約状況をご確認ください。

※診察の上、医師の判断によりお受けできない場合もございますのでご了承下さい。

  • STEP.2
  • 検査準備

事前に経口内視鏡か、経鼻内視鏡かをご相談させていただきます。
検査前に消泡剤(胃の中の泡やたんぱく質を除去し、観察しやすくする液体です。)を飲んでいただきます。検査ご案内までリラックスしてお待ちください。

  • STEP.3
  • 検 査 (約5分)

患者様の希望により、鎮静剤、鎮痛剤を使用いたします。体と心をリラックスした状態で検査することが可能です。

  • STEP.4
  • 検査後

回復室を設けております。
検査後の麻酔がさめるまでお休みいただき、ご帰宅できる状態になるまで、安全に経過観察します。

  • STEP.5
  • 結果説明

当日ご説明いたします。
内視鏡画像を見ながら検査医が検査結果を丁寧に解り易く説明します。(組織検査は後日結果説明となります)

※症状に応じては後日以降ご説明することもございます。

内視鏡検査料金 (目安)

  1割負担 3割負担
胃内視鏡検査
(基本料金)
2,500円 7,000円
+病理検査 基本料金
+ 1,500~2,500円
基本料金
+ 3,500~6,000円
  1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査
(基本料金)
3,000円 8,500円
+病理検査 基本料金
+ 1,500~3,500円
基本料金
+ 4,500~9,000円
+ポリープ切除 基本料金
+ 5,000~7,000円
基本料金
+ 13,500~19,000円

ANISAKIS

アニサキス

胃アニキサス症(急な胃痛)

アニキサスは直ぐに当院へ

(土曜、日曜も治療可能です。)

アニサキスだと思ったらすぐに当院へ!

当院では予約限定でアニサキスの方に即日胃カメラ検査に対応しております。

※インターネット予約かお電話にてお問い合わせください。

※即日胃カメラ検査は検査前7時間食事を摂っていない方限定とさせていただきます。

インターネット予約はこちら

こんな症状はありませんか?

みぞおちにつよい痛みを感じる

嘔吐してしまう

ひどい吐き気を感じる

お腹に張りを感じる

おならや便が出ない

もし、魚介類を食べた数時間後に上記の症状が当てはまる方は、アニサキス症を発症している可能性があります。アニサキスは基本的に人間の体内では生息できないため、通常は数日ほどで症状は治まります。しかし、稀に合併症を引き起こし重症化する可能性がありますので、早急にご来院されることをおすすめします。

アニサキスとは

魚やイカなどにいる寄生虫です。内臓表面に寄生していることが多いのですが、筋肉に寄生していることもあります。特にサケの場合、腹部の筋肉によく見られます。体長2㎝程度で、肉眼でも糸クズのような姿が確認できます。サバ・サンマ・イワシ・アジなどの青魚、タイ・ヒラメなどの白身魚、サケ(サーモン)、イカなど幅広い魚介類に寄生します。 アニサキスに寄生された魚やイカを刺身や加熱が十分ではない状態で食べると、アニサキスが生きたまま人間の胃の中に入ってきます。アニサキスが胃壁などに入り込むと、激しい腹痛などの症状を起こします。人間はアニサキスの宿主にはなれないため、アニサキスは数日から1週間程度で死滅します。 胃に症状を起こす胃アニサキス症、小腸で症状を起こす腸アニサキス症があり、ほかに消化管外に出て肉芽腫を作るもの、アニサキスアレルギーがあります。

アニサキスが原因となる疾患

胃アニサキス症

アニサキスが身体の一部を胃壁に差し込んで発症します。一般的によく知られたアニサキス症です。突然、激しい胃の痛みが起こります。痛みが治まってはぶり返し、吐き気や嘔吐をともなうこともあります。寄生された魚介類を食べてから8時間ほど経過してから症状が起こることがあります。痛みはアレルギーによって起こっているとされています。アニサキスが生存できるのは1週間程度で、いずれ症状は治まりますが、内視鏡によって簡単に除去できます。

腸アニサキス症

腸アニサキス症は生魚の食事後、半日~数日後に下腹部への痛みや胃アニサキス症と同様に嘔吐や吐き気に襲われます。症状が悪化した場合、腸がむくんでしまう腸閉塞や腸壁に穴が空いてしまう腸穿孔・腹膜炎などの合併症を引き起こす事もあります。

消化管外アニサキス症

消化管外アニサキス症は稀にアニサキスが消化管を突き破り、別の部位へと寄生することで発症します。寄生した部位の疾患に対応する適切な処置を行う必要があるため、早急に検査をすることが必要です。

アニサキスアレルギー

最近、アニサキス症とアレルギー反応に関連があることがわかっています。アニサキスに感染することで全身に蕁麻疹の症状を伴うことや、アナフィラキシー・ショックを起こし、血圧の低下や呼吸困難に陥いることがあります。この場合、アニサキス自体が抗原となるため、加熱処理などの有無にかかわらず、発症してしまうといわれています。

アニサキスの検査方法

内視鏡検査

胃カメラ検査・大腸カメラ検査により胃・腸内にアニサキスの有無を直接確認したします。アニサキス症では胃アニサキス症が約99%以上・腸アニサキス症は約1%以下といわれています。当院では患者さんの身体への負担を軽減すべく眠った状態での胃カメラ検査や大腸カメラ検査を行っています。

血清検査

抗アニサキス体といわれる免疫反応に対する検査を行います。腸などに感染している場合に診断の補助材料として行います。

エコー検査

食後間もない状態で胃カメラの使用が難しい場合や症状が腸に発症しているなど内視鏡検査での確認が難しい場合に腹部エコー検査を行います。

アニサキス治療方法

胃アニサキス症

胃アニサキス症では内視鏡検査の際にアニサキスを鉗子を用いて除去します。当院では胃カメラを鼻から入れる経鼻内視鏡検査や局所的に鎮静剤を用いた胃カメラ検査を行うことで、患者さんの負担を軽減しています。検査にかかる時間も通常5~10分ほどですので、お気軽にご相談ください。

アニサキスアレルギー

重症化した場合にはステロイド剤・軽症である場合は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用します。

腸アニサキス症

腸アニサキス症では内服薬を用いた、対症療法を行い症状の緩和を行います。

消化管外アニサキス症

寄生部位によって治療方法が異なるため、激しい腹痛など異常を感じた際に、早急に検査を受けることが重要です。

アニサキス治療方法

●アニサキスの宿主となる魚介類を食べないことが最も確実な予防方法です

●生魚を購入した際には速やかに内臓を取り除き、目視にてアニサキスが除去できているかを確認してください

●魚の内臓を生食するのは、大変危険ですのでおやめください。

●アニサキスは70℃以上または60℃以上で1分間の加熱処理をすることで死滅します。

●アニサキスは-20℃以下で24時間以上の冷凍処理をすることで死滅します。

当院は土曜、日曜も即日胃カメラ検査可能です

当院では即日胃カメラ検査に対応しております。

上記のアニサキス症の特徴に心当たりのある方はインターネット予約かお電話にてお申し込みください。

原則として、検査前の7時間はお食事をお控えください。

ページトップへ
〒136-0072
東京都江東区大島 5-10-10
セントラルプラザ大島 1F

徒歩ルート

江東区大島にあり、都営新宿線大島駅が最寄りの内科・胃腸内科・消化器内科・内視鏡内科で、内視鏡検査、潰瘍性大腸炎・クローン病(IBD)専門外来、日曜診療も行っている、大島駅前クリニックの公式サイトです。

インターネット予約はこちら
お問い合わせはこちら
Copyright(c)大島駅前クリニック. All Rights Reserved.